ウォールソー工法 Wall Saw

レール上に本体を装着して、ダイヤモンドブレードで
切断する低騒音・無振動工法。

ウォールソー工法

切断面にレールを固定し、その上を移動する特殊切断機でコンクリート構造物の床や壁など平面、斜面の切断を行います。

固定されたレールに沿って切断が行われるため、正確に短時間で作業が行なわれます。最大50cm深さの切断が可能で、低騒音・無振動工法です。


用途

  • 鉄筋コンクリート壁の切断
  • ドア・窓などの開口部をあける切断作業
  • ダクト孔の切断
  • 階段を広げたり、エスカレーターを設置するための開口部を既存の階段につくる切断作業

特長

  • 正確でスピーディーな安全作業を行います。
  • レールに沿って切断作業が行われため、長い距離の作業も簡単に行われます。
  • 低騒音・低振動で粉塵の発生が少ない作業です。
  • 作業が簡単で小回りがきくため、場所や角度にこだわらず広い用途で活躍できます。

ウォールソ-の設置

ウォールソ-の設置

粉塵が少なく、切断面がきれいなので、後処理の必要がありません。

粉塵が少なく、切断面がきれいなので、後処理の必要がありません。

レールを取り付けて行う切断作業は高精度、短時間に行われます。

レールを取り付けて行う切断作業は高精度、短時間に行われます。

場所や角度にこだわらず広い用途で活躍します。

場所や角度にこだわらず広い用途で活躍します。

ページの先頭に戻る