静音ブレード&カッター機 Silent Blade & Cutter

施行時の消音 = 消音ブレード + 超低騒音カッター

静音ブレード&カッター機

国土交通省は、平成9年10月「低騒音型・低振動型建設機械の指定に関する規定」を施行し、指定基準を全面改正しました。

5年間の経過措置期間を経て、平成14年9月30日の調整期間を終了し、10月1日から、明確な低騒音機械の区分けがなされるようになりました。

その低騒音型コンクリートカッターの中でも、さらに検査値の低いものだけを超低騒音型コンクリートカッターと呼び、区別できるように基準分けされています。


※低騒音型コンクリートカッターの騒音基準値:
106db 以下: 低騒音型建設機械の指定を受けた機械には低騒音型機械の標識を側面に標示することが出来る。
100db 以下: 低騒音型建設機械のうち、測定値が騒音基準値から6下回る場合、機械に超低騒音型建設機械の標識を標示することが出来る。


丸辰が保有する超低騒音型コンクリートカッター

超低騒音カッターを消音ブレ-ドと併用し、さらに消音効果をアップ!!

衝撃・振動吸収性に優れた特種防震ゴムを2カ所に使用。外力を受けても、ほとんど反発せず、エネルギーを熱に変え吸収します。振動が少ない程、コンクリート等の硬い切断にも威力を発揮します。

騒音に関する証明対象建設機械

機  種  : コンクリートカッター油圧・走行式
機関出力  : 29.4kw/3,600rpm (形式 富士重工 EW180-3DL)
形式名称  : CO-40
総重量   : 445kg


静音カッター機

静音カッター機

特殊防震ゴム1

特殊防震ゴム1

特殊防震ゴム2

特殊防震ゴム2


作業音の低減

都市部を中心とした施行工事の多い当社では現場に隣接する環境に最大の注意を払っています。住宅地域や夜間工事で極力作業音を低くしたい.....その願いでブレ-ドメーカーと研究を重ねてきた製品が静音ブレードです。 丸辰はこの特殊加工基板を使用した静音ブレードを全てのカッター機に搭載しています。

特殊加工基板で切断時の音を遮断

ダイヤモンドブレードで切断時に発生する騒音の原因は:

  • 1. 切断時に、刃先や基板が被削材に当たり、発生する振動 による騒音。(低周波音)
    当社の静音ブレードは、3枚が合わさった特殊構造を持つ基板を使用し、振動による騒音を低減させています。
  • 2. ブレードが回転する時に、ブレードにつけられたウォーターウェイ(ブレード外周部の冷却と汚泥水かきあげの為のスリット)が風を切る音。 (高周波音)
    スリット形状を変えることで低減しました。(周波数域4kHz前後の音圧レベルを大幅に低減しています。)

3枚合わせの特殊基板を使用した静音ブレードが騒音をどれだけ低減できたか、ノーマル基板及びレーザー静音基板と比較テストをしました。結果は以下の通りです。


テストでの使用機械、使用条件

ページの先頭に戻る