パラボラ工法 Parabola

ダイヤモンドブレードでは不可能とされていた、
円形切断を可能とした新カッター工法

ダイヤモンドブレ-ドでは不可能とされていた円形切断を可能にした新カッター工法。

補修用の特殊材料の用意で、鉄蓋補修工事等の施行時間が従来工法と比較して大変短く、交通規制を短時間で終わらせる事ができます。
補修面を最小限に抑えるため、排出する残土・補修する材料を極端に減らすことができます。


用途

  • 上下水道・通信・電気・ガス等のマンホール補修・交換等の施行
  • 道路舗装時の鉄蓋据付施行
  • 緑化植え込み部開口工事

特長

切断面が円球状になっているため、補修部をその上に乗せることができ、更に 周囲の路盤との密着が強くなります。

切断面が円球状になっているため、補修部をその上に乗せることができ、更に 周囲の路盤との密着が強くなります。

切断面が彎曲しているため、沈下を防止します。

切断面が彎曲しているため、沈下を防止します。


パラボラカッター機

パラボラカッター機

小径基盤のセット

小径基盤のセット

流し込み

流し込み

短時間で作業をあげるため3台のカッターで隊列を組む。

短時間で作業をあげるため3台のカッターで隊列を組む。

作業終了

作業終了

ページの先頭に戻る