バースター工法 Burster

コンクリート構造物の破砕・解体を、
無塵・無震動・低騒音で行える静的破砕工法

破砕する構造物に一定間隔で削孔し、油圧シリンダーヘッドを挿入し、加圧します。1ヘッド当たり250トンの破砕力が作動し、亀裂が生じたコンクリートは破砕します。鉄筋コンクリートの場合、残った鉄筋はガスの火口が容易に入るので、ガス溶断が簡単に行われます。


用途

  • コンクリートや鉄筋コンクリート建造物の破砕・解体
  • コンクリート床の破砕・解体
  • 大型コンクリート製品の破砕・解体

特長

  • 破砕作業時に無塵、無震動、低騒音で安全な工事が行える、環境に優しい静的破砕工法です。
  • 計画的な破砕が出来るため、工期短縮が可能です。

1.静的破砕をする構造物の破砕希望線に沿ってダイヤモンドコアでφ200mmの孔を開けます

1.静的破砕をする構造物の破砕希望線に沿ってダイヤモンドコアでφ200mmの孔を開けます

2.開けた孔にバースターヘッドを挿入します

2.開けた孔にバースターヘッドを挿入します

3.希望線と垂直の方向に油圧ビストンを押し出し、静的破砕作業を行います

3.希望線と垂直の方向に油圧ビストンを押し出し、静的破砕作業を行います

バースターヘッド

バースターヘッド